1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009年06月10日(水)

久しぶりの雨 [その他]

画像(165x175)・拡大画像(400x422)

雨が少ないのです。

オーストラリアは概して雨が少ない大陸です。メルボルンの年間降水量は660ミリ程。日本では雨が少なく,いつも水不足に悩まされる福岡が1600ミリ程,松山は1300ミリ程です。メルボルンの雨が,いかに少ないかわかりますね。
雨だけをみれば,東海岸に面したシドニーやブリスベンでは1100ミリ程度あり,世界的には標準的な量です。でも,絶対雨量ではかなり少ないメルボルンが,どうして「雨が多くで,寒い」という印象になるのでしょうか。
これは,降り方にもよるのかもしれません。モンスーンの影響を強く受ける日本では,雨といえば梅雨から秋の台風シーズンが主で,さらに冬季に降雪の多い所ではさらに年間降水量が増えるというパターンが一般的です。夏に雨がド〜ンと降るパターンに慣れた日本人にとって,メルボルンの気候は不思議に写るかもしれません。こちらの雨のシーズンは,基本的には冬です。
メルボルンの雨は,冬にシトシトと続く霧雨や,日に何回かパラパラと降る通り雨が多いですね。一晩中あるいは1日中雨というのは,あまり経験ありません。

画像(175x128)・拡大画像(480x353)

結構,降りました。

ところが,昨晩は結構まとまって雨が降りました。僕が今住んでいるClayton周辺(南東郊外)は,ざっと20ミリぐらい降ったようです。屋根に打ち付ける雨音がうるさくて,あまりよく眠れませんでした。
メルボルンの空港がある西の郊外や,都心部は比較的雨は少なかったようですが,東の郊外は概ね20mmを越えるまとまった雨でした。上のグラフにもあるように,6月の降水量は50ミリ程度ですから,一晩で20ミリという数字が,メルボルンではいかにまとまった雨であるかがわかります。
そうそう。メルボルンの水瓶は25%程で水不足が心配されています。水源池の多い東の郊外にまとまった雨が降り,ちょっと一息ですかね。

Posted by Jun

2009年06月02日(火)

ヤラ川と野生のコアラ [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

おだやかな流れです。

メルボルン大都市圏は400万人近くの人口を抱え,立派な大都市圏なのですが,車で45分ぐらい郊外に向かえば,あっと言う間に自然豊かな景観に早変わりします。
今日は,都心から東北東にざっと30kmぐらいの所にあるPound Bend Reserveの辺りにやってきました。Ringwoodの北10km,Warrandyteの街の近くです。
ヤラ川もここまで遡ると,都心で見るような雄大さはなく,川幅も狭くてちょろちょろと流れる普通の川になります。ここは「上流部」じゃないかと言う人もいますが,僕の専門の地理学的に見れば,河川の蛇行はまぎれもなく「下流部」(河口近く)の特徴です。このぐらいの(狭い)川幅で,ゆっくり蛇行する河川は,日本には(僕の知る限り)ないですネ。

画像(129x175)・拡大画像(296x400)

コアラに会いました。

ここPound Bend Reserveには,車は入口近くの駐車場に置き,そこからサイクリングやウォーキングで森を楽しむ人たちが集まります。ユーカリの森を15分も分け入れば,もう車の音も人の声も聞こえず,鳥のさえずりだけが心地よく聞こえます。色鮮やかなオウムやインコ,時々攻撃的に向かってくる(苦笑)黒と白のツートンカラーのマグパイなんかがくつろいでいます。森のおいしい空気を吸うと心が洗われるなぁ!
30分ほど歩いた時でしょうか。ユーカリの上の方で,丸まっていたコアラに会いました。たぶん,この場所に来るまでにすでに何匹かのコアラは樹上にいたのでしょうが,普通コアラは下からは見にくい所(木の枝別れの部分)にいることが多いので,この写真みたいにバッチリ下から丸見えのことは珍しい(笑)。動物園では見慣れたコアラですが,野生の状態で会えると,なんとなくHappyな気分になりますね。
あ,そうそう。森歩きにはあまり良い服装をしていかない方がよいですよ。そこかしこに鳥やウォンバット,カンガルーの「御印」が落ちていたり,落ちてきたりして,洗濯必至なので(笑)。

Posted by Jun

2009年05月22日(金)

霧の朝 [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

全くの五里霧中(?)

メルボルンの朝は,濃い霧に包まれることがよくあります。たいていは,太陽が高く昇って気温が上がってくると自然に消えてしまいます。秋から冬には珍しくない,まぁ,メルボルンの風物詩というところでしょうか。冬のメルボルン空港到着便に遅れが出ることは珍しいことではありません。
まだ資料を探しきれていないので断言はできませんが,僕の専門の地理学的にみれば,朝晩と日中の気温差(日較差)が大きく,海に近くて水蒸気の供給があることが霧発生の絶対条件でしょうね。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

まさに,雲の上・・・。

あ,それから,寒暖の気団が入り交じる(低気圧の通り道)状況が起きやすいこと,また,地形がすり鉢状になっていること(南側の海以外の3方向をGreat Dividing Rangeで囲まれていること)なんかも複合的に作用しているんじゃないかな・・・と思いますが,正確な検証や資料は別の機会ということで。

Posted by Jun

2009年04月30日(木)

Would you wanna lift ? [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

オージーはとってもフレンドリー!

「ウッデュウォナ・リフト?」って聞こえますが,これの意味はわかりますか?
オージーは,とても気さくです。親しくなると,とことん世話してくれます(笑)。ここで言う「lift」ですが,言わずと知れた「エレベーター」の意味ではありませんヨ。
で,この意味は,アメリカ英語で言えば,「Can I offer you a ride?」って感じでしょうか(僕は英語の専門家ではないので,自信はありませんが)。丁寧に補足するなら,「Shall I offer to pick you up and take you to wherever you want?
」(迎えに行って,そのまま行きたいところに連れていってあげましょうか?)という感じだと思います。
オーストラリアに限った表現ではなく,イギリス英語的な表現の一種で,イギリスでも,インドでも耳にするものだそうです。
でも,シチュエーションを考えてみると,やっぱりオージー的かな(笑)。ここまでフレンドリーに声をかけてくれる気さくさは,やっぱりオージーの人の良さじゃないでしょうか?

Posted by Jun

2009年04月08日(水)

南十字星(サザン・クロス)を見る [その他]

画像(143x175)・拡大画像(327x400)

8秒露光で撮影。十字の印を書き足してあります。

南半球に行くなら,やはり見たいのは南十字星(サザン・クロス)ですよね。僕はオーストラリアに何度も来ているので,南十字星自体は何度も見ています。一番印象深かったのは,明るい物が周りに何もないエアーズロックで夜明けを待ちながら,満天の星空に映える南十字星をしばらく堪能した時かな・・・。
でもね。こんな星空が美しいのは決まっています。エアーズロックに行くのは,時間もお金もけっこうかかります。そもそも,これはメルボルン・ブログなんだから,メルボルンで見なさいよ,とのツッコミも聞こえてきます。
というワケで,今回撮影にチャレンジしました。ここのところ晴れる日が少なかったのですが,イースターの満月も近いある夜,満天の星空が拝めました。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

ニセ十字に注意!

満月でかなり月明かりがあり,さらにメルボルン大都市圏のマチの明かりもあるので,天体観測にはあまり条件は良くありませんが,それでもなんのその。南の空に煌々と明るく輝く南十字星はとても印象的です。南十字星のすぐ近くには,ニセ十字と呼ばれるものもあります。ちょうど写真に2つの十字(写真中の色を変えてある所の真ん中と右の○)がありますが,本物の南十字星は中央の方です。4つ(5つ)の星で十字になりますが,長軸の片方が赤っぽい明るい星がある方が本物です。目立つ4つの星のうち,2つは1等星,もう1つは2等星で,短軸を構成する残りの星は3等星のため,条件が悪いと見にくいですね。しばらく暗闇に目を慣らして,目を凝らして見上げると,ようやく見えてきます。一方のニセ十字は,本物よりも若干大きめですが,形はほぼ同じ十字架です。4つの星の色や明るさが殆ど同じに揃っている(2等星)ので,かえってこっちを「本物」と勘違いする人が多いのだとか。
真偽を見分ける方法はいくつかありますが,「赤っぽい星のある方」と覚えるか,この写真の左側の○の部分に示したように,2つの明るい星が綺麗に並んでいる所を頼りに,これら2つの星に近い方が本物と覚えればバッチリですね。

Posted by Jun

2009年04月03日(金)

所により嵐? [その他]

画像(175x143)・拡大画像(400x327)

低気圧が見えますか?

昨夜は暑くてよく眠れませんでした。冷暖房完備の快適なホテルなら,そんな心配はないでしょうが,今回は築40年以上は経つだろうなという古い家に滞在しているので,こうした「熱帯夜」は厄介てす。日本のように雨の多い湿潤気候なら,太陽の出ている昼間が気温が高く,夜間は気温が下がるサイクルを毎日繰り返すのが当たり前です(たまに例外はありますが)。でも,メルボルン周辺は,根本的には乾燥気候に近いので(一応,西岸海洋性気候ですが・・・),こうしたサイクルはメチャメチャです。北風が吹けば暑く,南風だと涼しい。低気圧の通過前後で寒暖の気団が入り交じり,朝晩に猛烈に暑くなることも珍しくないのです。
雲の様子を示したこの写真を見て下さい。南極方面にある低気圧に向かって,きれいに「時計回りに」渦を巻く雲の列が見えるでしょ?(南半球だなぁ!)この雨雲の列がメルボルンを通過する時に,嵐になります・・・。

画像(156x175)・拡大画像(400x448)

所により・・・

今日のメルボルン周辺の雨雲レーダーです。日本でいえば1時間当たり30ミリ程度のかなり強い雨が通り過ぎています。そういえば,朝の天気予報で言っていたっけ・・・"Chance of storms","Isolated thunder stoms","The storm is going to include huge hail stones"・・・なんて。「所により,雷や雹をともなう荒れた天気になる模様・・・」だそうで・・・。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

突然のにわか雨

さっきまで晴れていたのに,急に雲が厚くなって暗くなったなぁ・・・,なんて思っていたら,とたんに大雨。こういう急激な天候変化こそ,典型的なメルボルンの天気みたいですね。メルボルンつ子は至って慣れたもんです。あくまでも,「にわか雨Showers」なんですね。このブログを書いている内に,雨のピークは過ぎさったようです。まだ降っているけど,外にはもう傘なしで歩く人もチラホラ。

Posted by Jun

2009年03月30日(月)

F1 Australian Grand Prix [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

中嶋一貴がんばれ!

メルボルンには数ヶ月の長いものから数日程度のものまで,長短含めてかれこれ15回目の滞在になりますが,ついにF1を観戦するチャンスが巡って来ました。
全豪オープンと並んで世界にメルボルンの名を知らしめるビッグ・イベントであるF1オーストラリアGPは,都心からトラムで10分程度の絶好のロケーションにあるAlbert Parkサーキットで行われます。
レースそのものについては別項にするとして,このブログではチケットの入手方法や,観戦のコツなんかを簡単に記しましょうかね。
よほどのオタクでない限り,「各マシンがよく見え,F1の雰囲気がわかればよい」ですよね? それならば,チケットの種類は迷わず「General Admission Ticket」をおススメします。F1は木,金,土,日と4日開催され,最終日の日曜日17:00開始でその後約2時間が本レースでした。「General Admission」のチケットは,日曜日が一番高いのですが,それでも99$です。4日間いつでも入場できる「General Admission 4 day pass」もあり,175$です。これらを買えば,いつでも好きな時間にF1会場に来て,簡単な荷物チェックだけを受ければ好きな場所で観戦できます。5万円ぐらいする「メインスタンド」でなくても,充分に雰囲気は味わえますヨ。

画像(175x128)・拡大画像(640x471)

緑色の所は,すべて自由観戦可能!

チケットは,オーストラリアのチケットエージェントの大手,Ticketekでオンライン購入できます。検索欄に「F1」と入力すれば,比較的スムーズに購入できると思います。この地図に示されている緑色と黄緑色の所(つまり,殆どのエリア)が「General Admission」エリアです。ビールやハンバーガーを片手に,好きな場所で好きなマシンを応援します。おススメの場所はTurn5近く,サーキット内側の観戦マウンドか,Turn6の7速(280km/hぐらい)から3速(130km/hぐらい)へのシフトダウンが見られる辺りでしょうか。今回,中嶋一貴のリタイアは残念でしたが,独特なエンジン音と抜群のスピードは,クルマ好きの僕にはたまらなく心地よかったです。また来たいなぁ・・・。ただ,大きな音が苦手な人は,耳栓を持参した方がよいかもしれません。

Posted by Jun

2008年12月22日(月)

チャンネル・テン Channel ten の洋画劇場 [その他]

画像(91x90)

おしゃれなサウス・ヤラにある放送局

オーストラリアのテレビは(日本に比べて)つまらないという主旨のことを,別の記事でも書いた気がします。でもまぁ,これも国民性でしょうかね。スポーツ自体の中継はやたらとあります。フッティを筆頭に,ラグビーやクリケットは時季になるといつでも放送しています(日本のゴルフ中継レベルか(苦笑))。
チャンネル・テンと言えばメルボルンではサウス・ヤラのお洒落な界隈にある放送局ですが,この局はスポーツ全般に強いだけでなく,土曜と日曜の夜に厳選したムービーを放映することでも注目しています。
僕は映画評論家ではないし,そもそも本数自体あまり見ていません。好きなジャンルも偏っているけれど,それでもこの局の映画のセレクトはなかなか良いのではないかと思っています。皆さんも一度ご覧あれ。

Posted by Jun

2008年08月23日(土)

AFL Footy オーストラリア・フットボール [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

Telstra Dome

ごぶさたしてました。1週間ぐらい前に,わがホームのメルボルンに着きました。今回は1か月の滞在です。都心から20km程郊外にあるMonash大学近くに滞在していますが,メルボルンの郊外,つまりメルボルンっ子たちの生活空間に足を踏み入れたなら,絶対に欠かすことができないのが,AFL Footy オーストラリア・フットボールですね。ラグビーでもない,サッカーでもない,アメフトでもない,オーストラリアルールのフットボール「フッティ」です。一昔前はVictorian Football Leagueとして,ビクトリア州だけのスポーツだったんですが,全国に拡大されてパース,アデレードに各2チーム,ブリスベンとシドニーに各1チーム,そしてもちろんメルボルン大都市圏(Geelongも含めて(笑))に10チーム(Geelong,Western Bulldogs,Hawthon,North Melbourne,Collingwood,St Kilda,Richmond,Carlton,Essendon,Melbourne)あり,それぞれ熱烈なファンの支持を得ているワケです。それにしても,Geelongも含めて高々400万人程の人口の都市圏に10チームもあるなんて,日本じゃ考えられませんねぇ・・・。同じぐらいの人口の四国アイランドリーグは,フッティみたいな盛り上がりは無いもんねぇ・・・。
話を戻しましょう。「豪」に入っては「豪」に従え。メルボルンに住むのだったら,どこかひいきのチームをもって,週末はTelstra DomeかMCG(Melbourne Cricket Ground)に足を運びましょう!
かく言うワタシですが,恥ずかしながら,実は先日初めて観戦しました。もちろん,ウワサはかねがね聞いていましたよ。それから,週末毎に,夜な夜なスタジアムから出てくる5万とも10万人とも言われる人混みもずいぶん目にしてきましたよ。でも,いままでチャンスが無かったんです。一人で行くのもなんだか寂しいので。ところがついに,チャンスが巡ってきました。13回目の渡豪にして初めて,ついに聖域に足を踏み入れました!
初心者のワタシがゲーム内容や,AFLについて語るのは10年早いってもんですね。ハイ,よ〜く分かっていますよ。だからここでは,初めての観戦の感想をちょこっと書きましょうか。
ゲームの開始はだいたい夜7時半すぎ。それから30分ずつのクオーターを4回,途中に子供たちのエキシビションなども入るので,ゲーム終了は軽〜く夜10時を回ります。でも,家族そろっての観客の多いこと,多いこと。それでいて,スタンドは「わざと」チーム別ではないんですね。つまり,家族一緒で観戦できます。応援チームが家族内で違っても,なんのその。一つのプレー毎に一喜一憂しながら家族みんなでワイワイ騒ぐワケです。
ラグビーに似た「手」を使ったボール回しと,「キック」と「マーク」(ダイレクトキャッチ)での「足」でのボール回しが組み合わされ,小気味よくボールが動きます。点もバカスカ入り,だいたい120点〜150点なんてスコアはザラです。確かに,これは見ていて楽しいし,飽きることなんてないのかも。
オーストラリアにはたくさんスポーツ・リーグがあります。シドニーではラグビーが盛んだし,サッカーやクリケットも国民的な人気があります。でも,メルボルンっ子なら,やっぱりフッティでしょ!

Posted by Jun

2008年01月26日(土)

Funniest Video Show [その他]

画像(175x123)・拡大画像(400x283)

オーストラリアのテレビって,正直言って,あんまり面白くないですよね・・・(苦笑)。ABCとSBS,チャンネル7とチャンネル9,チャンネル10は都市部ならどこでも見られますが・・・。ニュースに強い9とか,スポーツ中継に強い10,AFL(オージー・フットボール)なら7,ドキュメントならSBSですかね・・・。
そんな中で,僕はオーストラリアに行くと,密かに楽しみにしている番組が1つあります。それは,チャンネル9で土曜日の18:30〜19:30で放送されているFunniest Video Showです!
読者からの珍場面の投稿ビデオをまとめて流す番組で,この番組のパーソナリティのToni Pearenさんがおもしろおかしくコメントして,さらに視聴者がその週の「ベスト爆笑ビデオ」を投票で決めるというもの。何が面白いって,「ただただ,笑える」ってとこでしょうか(笑)。日本でもよくある「おこさまモノ」「動物モノ」なのですが,どうしてFunniest Video Showはこんなに笑えるんでしょうね・・・!?
敢えて近い番組を挙げれば,かつての「プロ野球珍プレー・好プレー(みのもんた実況版)」(←年がバレますな・・・)かな(笑)。こうして記事を書いているだけで,笑いが止まりません。オーストラリアに行くことが決まったら,できるだけ土曜日が多く含まれるように日程を調整するほどです(苦笑)。あ。メルボルンネタではなかったですか・・・ね。まぁ,ご愛敬ということで。

Posted by Jun

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。