1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010年10月14日(木)

多民族&多文化共生都市・メルボルン [その他]

この記事は,2009年7月に投稿していたものと同一内容です。
最近,この記事をめがけてしつこく(1日に何回も)いたずら投稿をしてくる人がいて,閉口しています。当該記事を一旦閉じて,同じ内容をもう一度新規記事として投稿しておきます。ほんとに,困ったもんです(苦笑)。
--------------------------------------------
メルボルンはシドニーに比べてイタリア系が多いとか,ギリシア系が多いとか,多民族性について言われることが多々あります(リトル・アテネとも呼ばれる)。実際,メルボルンには少なく見積もっても170以上のエスニック集団がそれぞれの言語を使って生活しているという話があります。コスモポリスですね。
でも,こうした実態を正確に把握することは,結構難しいんですネ。ここではあえて,「どの国の出身者が多いのか?」ということに大胆にチャレンジしてみましょう。
オーストラリア統計局(ABS)はとても進んだ機関で,国勢調査に代表される様々な統計を,WEB上で殆ど無料で公開しています(スゴイ!)。数あるデータの中から,今回僕が選んだデータは,「メルボルン大都市圏」「シドニー大都市圏」「家で○○語を使う人口」というものを抽出したものです。ここで「大都市圏」とは,ABSの定義するStatistical Districtの範囲であり,だいたいザッと都心から50km圏,郊外鉄道(eg. Frankston line)の終点あたりまでをグルッと囲んだ範囲です。ほぼ,「通勤圏」と同じと見てよいでしょう。ABSの統計には,ズバリ出身国を集計したもの,先祖の国籍を集計したもの,その他色んな指標があるのですが,僕は「家で使う言語」こそが国籍のアイデンティティかな,とここでは判断しました。実際暮らしてみると,顔つきはアジア系でも,こちらで生まれ育ったり,滞在が長くなって,もう英語しか話さない人たちもたくさんいます。中国系やインド系は明らかに多くいるけど,家で英語を話している場合は「オーストラリア人」として数えることになります。こうした統計の限界があることを承知の上で,こんな図を作ってみました。

画像(175x116)・拡大画像(325x216)

確かに,南欧系は多いですネ。

メルボルン大都市圏では,総人口約359万人中,68%に当たる約245万人が英語しか話しません。一方,シドニー大都市圏内は総人口約412万人中,64%の約264万人が英語のみです。
さて,英語以外の言語についてみると,メルボルンでは多い方からイタリア語(総人口の3.3%),ギリシア語(3.2%),ヴェトナム語(2.0%)と続き,日本語は30位で約0.2%,5,890人が家で日本語を話しているというデータがあります。まぁ30位ですから,日本人はメルボルンではマイノリティですネ。
一方,シドニーでは一番多い「外国語」は「アラビア語」であり,中東諸国の出身者が多い事実がはっきり統計にも出ています。続いて広東語と標準中国語が続きます。こんなところにも,メルボルンとシドニーの違いがみてとれますネ。
統計局のデータを使った都市の特徴分析については,今後もこのブログでどんどん紹介していこうと思います。乞御期待。


Europe rolex artist timepieces are usually fake LV Damier Ebene handbags UK features regarding trustworthiness inside performance and also Porsche best replica Damier Graphite bags, since structurally appear to be a rolex automobile. The most up-to-date inside specialist top quality titlePorsche and also timepieces, produced

Along with consumers are more and more vibrant, putting on wrist watches transformed into a label of wealthy and tastes. Maybe acquiring replica tissot watches is an excellent alternative for many, prior to moving on choosing a replica tissot watch , check with several questions to your self. You could buy replica prada handbag at online websites and retail stores. The online world is the place to take a look when you need a top quality buy replica watches because you can find a wide selection of bags. The following you need to be shown is a great simulator of the snapshot. Common of the type of replica ferrari watches is the generating of these shell and surface.

forwards to the replica Epi Leather handbags could be wear together with divertissement activities cheap LV Monogram bags together with formalised clothes. Porsche structure designer watches can easily select since substantially since 3, 500 to be able to simply a little an estimated $one hundred or so being a copy.


Posted by Jun   コメント ( 0 )

2010年08月23日(月)

メルボルンに恵みの雨 [その他]

画像(175x135)・拡大画像(600x466)

データの出典:オーストラリア気象局

今日,8月22日にヴィクトリア州首相(Premier)の John Brumby氏と水資源担当大臣が揃って会見し,これまで厳しくしていた水使用の制限を緩和すると発表しました(ニュースの詳細を知りたい方は,AGE紙の記事をどうぞ)。ダムの貯水率はまだ40%程だけれども,去年記録的な水不足(貯水率25.6%)からはだいぶ回復したので,一旦ここで緩和するというものです。これまで制限されていた洗車や庭への水やり,スプリンクラーの使用などが,9月1日から緩和されるという内容です。
そういえば,2週間ほど前にメルボルンの空港に降り立った時に,例年よりもひんやりした空気を感じたし,こちらへきて毎日雨がシトシト降っています。今年の5月,6月あたりはかなり寒くて,観光客も伸び悩んでいたと聞きます。
僕の専門の地理学的な視点からみれば,メルボルンはもともと雨が少ない方です。いや,これは,降水日数という意味ではなく,年間の総降水量の話です。このグラフをみると,メルボルンの降水量は,オーストラリア気象局に記録のあるここ150年近くにわたって,ずっと600mm前後であることがわかります。太陽がサンサンと降り注ぐイメージのあるクインズランドのブリスベンの年間降水量が1187.3mm,パースが745.2mm(ともに理科年表より)なので, 「メルボルンは雨ばっかり」というオージーたちのイメージの割には,実はあまり降っていないということになります。正確に言えば,メルボルンでは(とくに冬に)毎日のようにシトシト降るという感じでしょうか。ジメジメとハッキリしない。晴れの日が少なくて,なんか空が重くて,寒い。とてもイギリス的かな,と(笑)。


Switzerland rolex custom wrist watches tend to be Imitation IWC Portofino watches to their classic characteristics associated with fake Breitling watches usefulness as well as Porsche appearance popularity, replica watches uk seem like a rolex vehicle. The newest within expert high quality titlePorsche as well as wrist watches, fake watches associated with usefulness as well as appeal. Their own appear ahead for your discerning replica handbags uk placed on along with divertissement measures gowns or even along with formalised clothing. replica LV Damier Azur bags may choose because noticeably because 3, 300 in order to only a small it is estimated that $one 100 like a replicate.


画像(175x78)・拡大画像(324x145)

最近の傾向は,確かにちょっと・・・?

上のグラフでは,比較的規則的なイメージをもちますが,ここ数年来,水不足が叫ばれ続けているのは何だろうかとデータをじっくり眺めてみました。すると,ここ数年がとくに雨が少ないという傾向が見えてきます。
この表に示したように,過去5年のデータをみるとずいぶん雨が少ないですね・・・。500mmというのは,自然の降水だけに頼った耕作の限界値になる基準線です。確かに,少なすぎたかも・・・。でも今年は大丈夫。久しぶりに恵みの雨で,ちょっと一息というところですね。

In addition to individuals are more and more abundant, sporting designer watches converted into a name of well-off and taste. Probably obtaining buy replica watch is a wonderful option for many individuals, just before moving on purchasing a replica cartier watches , request several questions to on your own. You can buy replica gucci handbags at websites and retailers. The web is the place to take a look when you are looking for a top quality replica watch website since you can choose a wide array of hand bags. The following you have to be made aware of can be a okay simulator on the picture. Conventional for this type of replica iwc watches could be the making of their own surface and shell.


Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年09月22日(火)

トラムの4方向ジャンクション [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

運がよければ?手動のポイント切り替えも見られます。

僕はこちらでは車を持っていないので,出かけるときには電車・バス・トラムを組み合わせて,とっても「エコ」な公共交通ユーザーになっています。
先日,モナーシュ大学の先生で,その道にかけては国際学会にもスピーカーとして招かれるようなとても有名な先生に会いました。と言っても,僕の専門の地理学の先生ではありません(分野はこの際,省略しておきます)。ひょんなことから,この先生がとても鉄道好きだと耳にして,それならば日本の鉄道にはそれなりに詳しい(?)僕が,勝手に日本代表としてモナーシュ大学の生協にて「鉄道ランチ」をしたワケです。
そこで話題に上がったのは,都心から10kmほど南東の郊外に当たるCaulfieldにあるBalaclava Junction(Wikipedia)です。別名,Grand Union Tramway Junctionともいいます。ヴィクトリア州のヘリテージにもなっているんですね。いわば,これは「4方向マルチ」なトラム交差点のことで,東西南北どの方向から近づいたトラムは,どの方向へも向きを変えることができます。

正確な場所は,このGoogle Mapを見て下さい。東西方向に走るBalaclava Roadと,南北に走るHawthorn Roadの交差点です。トラムのルートマップをみると分かりますが,都心のSwanston Streetから南の郊外行きのトラムでいえば,3番(East Malvern行),16番(Kew行),64番(East Brighton行)がこの交差点を通ります。Flinders Street Station(Federation Square)の所からざっと30分というところでしょうか。
このジャンクションは,少なくても1913年にはあったことが確認されているそうです。当時のメインの交通手段はトラムだったわけで,郊外の住宅地開発とその広がり,そしてそれにトラムが果たした役割なんかも見えてきますね。「すべての方向に行ける」ということは,「郊外各地の繋がりが密だった」ということですからね。
かつてはメルボルン以外も含めて各地にあったジャンクションの形態らしいですが,(真偽は不明ですが)今や現存するのはこのCaulfieldのものと,ロシアのサンクトペテルブルグにある1つだけだとか。
すいませんね。鉄分が濃すぎる話題で・・・(苦笑)。


Europe rolex fashionable pieces happen to swiss replica watches uk regards to beautiful elements for integrity during helpfulness together with Porsche hair styling popularity, Imitation breitling watches structurally tone as providing rolex automotive. fake Hublot watches pro superior titlePorsche together with pieces, replica watches uk for helpfulness together with charisma. Your appear to be forwards for any discriminating woman may AAA replica Omega watches apply to utilizing divertissement decisions apparel or simply utilizing formalised outfits. Porsche style timepieces will look at mainly because significantly mainly because 3, 700 that will simply a miniature around $one one hundred as the backup.

Posted by Jun   コメント ( 1 )

2009年09月10日(木)

モナーシュ大学の漫画ライブラリー [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

モナーシュ大学のバス乗場のすぐそばです。ドラえもんの看板が目印です。建物横から直接入れます。

メルボルンに住む日本人だけでなく,現地の若者を中心に日本のポップカルチャー(とくに漫画,アニメ,ゲームetc.)は広がりを見せています。
かくいう僕はといえば,パソコンは公私共々手放せないけれど,まぁ,漫画やゲームはなくても暮らせるかな・・・。だからというか,なんなのか。あまり気にかけていなかったことなのですが,先日会った日本人の方に「マンガが読みた〜い」と切望されました。そこで,今いるモナーシュ大学にあるManga Libraryのことを話したら,かなりビックリしていました(詳しくは上記のサイトをどうぞ。モナーシュへの行き方,入会方法を含め詳しく日本語で書いてあります!)。
そうか。まさに「灯台もと暗し」ですね。ここはちゃんと,マンガライブラリーのことを紹介しておかないといけませんね。

As well as men and women are more and more unique, putting on wristwatches become a brand of well-off and preference. Probably obtaining replica jaeger-lecoultre watch is a good decision for many, prior to moving forward purchasing a replica watches uk , consult several inquiries to your self. You can buy replica designer handbags at online sites and stores. The world wide web is where to evaluate when you need a high quality replica tudor watches since you can locate a wide array of handbags. The next you need to be shown is often a fine simulation on the photo. Normal with this class of replica breitling watches will be the making of these shell and surface.


画像(131x175)・拡大画像(300x400)

メルボルンで,こんなにマンガあるとはねぇ・・・。

基本的には,毎週月・水・金の午後に開いていて,漫画サークル所属の学生が「店番」をしています。モナーシュ大学の関係者でなくても,メンバーになれば漫画本が借りられます。1か月5豪ドルで,6冊まで借りて帰れます。さらにオススメなのは,借りて帰る前にじっくり立ち読みできることでしょうか。マンガライブラリー内で読む限り,お金はかかりません!
気になるコレクションですが,まぁ,一言で言えば「ちょっと古いかな・・・」。手塚治虫あり,鳥山明あり,あだち充あり・・・。少女系コミックも結構あったかな。一通り「一昔・二昔前」の「有名どころ」が集まっている感じで,やはり最新のマンガはないですね。参考までに,ライブラリーの一部を撮影したので,これらの写真をダウンロードして拡大表示させて見てみて下さい。およその感じはつかめると思います。
その1(メイン・コレクション) 692KB
その2 712KB
少女マンガ系コレクション 548KB

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

な,懐かしい!

ついつい,懐かしいマンガを借りてしまいました(笑)。それから,一緒にUCCコーヒーとカルピスソーダも買っちゃいました(各2豪ドル)。何しに行ったんでしょうね(苦笑)。
でも,よく見ると,いわゆる「名作」がまだまだ足りないかなと思いました。それぞれ好みはあるけれど,マンガライブラリーを謳うなら,キャンディキャンディとか,ベルサイユのばら,エースをねらえ,ドカベンとか(古いですねぇ・・・笑),まだまだ「マストなアイテム(?)」が必要かな,と。一度マンガライブラリーを訪ねてみて,じっくり観察し,足すべきコレクションは寄付したらどうでしょうか?
僕も来年あたりまたモナーシュに来るときには,「動物のお医者さん」(1巻しかなかった)とか「めぞん一刻」,「のだめカンタービレ」なんかを全巻寄贈しようかな。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年08月25日(火)

火曜日はガソリンがお得な日 [その他]

画像(143x175)・拡大画像(348x425)

この先,またガソリン価格も上がるんでしょうねぇ・・・?

僕はこちらでは車を持っていません。どこか調査や休暇で車があると便利なときにレンタカーを借りる程度です。でも,ふだんこちらでは車を運転しないのに,(ある意味,しないからこそ?)ガソリン価格は結構気になります。こちらで過去の新聞記事を調べてみると,去年2008年の6月頃が最高値だったみたいですネ。お値段は無鉛ガソリン1リットルが,なんと1.7豪ドル越え! た,高っ!。
メルボルンの郊外,とくに中流以上層の多く住む東から南東郊外にかけては,完全に「車社会」になっています。このガソリン価格高騰は,さぞかし大変だったでしょうね。
ここで示したグラフの通り,世界の原油FOB価格は,確かに2008年6月辺りはピークだったようですね。こういう1年,2年というような長期的な変動には逆らいようもありません。ピーク後の価格下落も,このグラフにピッタリ沿っている気がします。

Along with everyone is more and more rich, wearing timepieces changed into a content label of rich and personal taste. Could be acquiring replica chopard watches is a wonderful choice for lots of people, right before moving on purchasing a replica longines watches , inquire number of questions to oneself. You can get replica chain bag at online websites and shops. The online world is the place to evaluate when you need a high quality replica breguet watch since you can get a wide selection of bags. Our next you have to be unveiled in is often a good simulation of your visualize. Standard of the type of replica patek philippe watches would be the creating of their shell and surface.


画像(175x132)・拡大画像(400x302)

週末には,10セント/リットル近く値上げ?

ところで,こちらでは週末のガソリン価格は高いですネ。ざっとの印象ですが,週末を挟んで月曜日ぐらいまでが最高値。その後,一夜にして火曜日には価格が下がります(なんで?)。例えば,最近の無鉛ガソリン価格は,週末が1.3豪ドル/リットル程,それが火曜日・水曜日辺りは1.2豪ドル/リットルぐらいに下がります。だいたい1リットル5〜10セントぐらいの差ですが,でも満タン給油にすればコーヒー1杯ぐらいの差はあっと言う間に生じます。そしてまた木曜日辺りにガンと上がり,週末は1.3豪ドル/リットルって感じで動いています。1週間の変動については,こちらのRACVのサイトを見てみて下さい。それから,今現在の価格はFuel Watcherのサイトを見て下さい。確かに,その通りでしょ?
ところで,どうして週末のガソリン価格は妙に高いのでしょうか? 日本でも,石油元売り各社の卸価格に連動して,週明けや月初めに価格が急騰することはあるけれど,日本では基本的には上がったら上がりっぱなし。平日と週末で価格がコロコロ変わるなんてことはありませんよね。
新聞記事を探すうちに,興味深いものを見つけました。「もし,ガソリンの年中無休24時間販売をやめれば,価格は下がる」とのこと。そうか。いくら給油そのものはセルフばっかりのガソリンスタンドでも,週末や夜間の人件費はいつもよりかかるのね・・・。妙に納得。

Posted by Jun   コメント ( 1 )

2009年07月21日(火)

路上のクルマ売り? [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

路上駐車かと思いきや・・・?

メルボルンの都心から10kmぐらい,あるいはそれ以上郊外の住宅地になると,日本ではおよそ考えられませんが,でも,こちらでは結構目にする光景があります。それは,道端で,つまり路上でクルマを個人売買する光景です。もちろん,各メーカーのディーラーや中古車専門店もありますが,でも,こうした個人売買も珍しくなく,結構頻繁に見かけます。
まず,基本的には,オーストラリアでのクルマの取得費用って結構高いんですよネ。新車で購入するのは,ちょっと二の足を踏みます。日本と同じ車種でも,本体価格自体がまず割高だからです。厳密に比較したワケではありませんが,日本で新車本体価格が100万円程度のコンパクトカーでも,こちらでは20,000豪ドル(80円/豪ドルで換算すれば160万円)ぐらいするイメージです。では,中古車はどうかというと,これまたビックリするような割高な(法外な?)価格がついています。値が下がらないというか,下げ止まるというか・・・。
例えば,この写真はメルボルンのとある郊外でたまたま見かけた光景です。赤いクルマが住宅の前に停まっていますが,これは路上駐車しているのではなく,車が売りに出されている光景です!

画像(160x175)・拡大画像(400x437)

ちょっと,高くないですかネ??

こちらの人々は,日本人とは考え方が違います。自分で車に対して装備を追加したり改造などの付加価値を加えたら,その分の元をしっかり取ろうとします(苦笑)。この張り紙にある通り,ガソリン価格に比べて燃料代が半額近いLPGガスとのハイブリッド改造車なんかになると,20万qを優に越えた15年選手の車が3,900豪ドル(≒30万円)で売りに出されています・・・。もともとの新車価格と,LPGの改造費,その後乗り続ける過程でのガソリンとの差額なんかを考えれば,オージーの感覚ではこれでも「安い」んですかねぇ・・・?
一応,車好きを自認する僕の目には,日本じゃ値段がつかないような車が,かなり割高な価格で流通している感が否めません。とんでもなくボロボロのポンコツでさえ最低2,000豪ドルぐらいの値はつけて売りに出されています。。安く買って,さんざん乗って,また同じ値段で売り続ける・・・。永遠に2,000豪ドルよりは下がらないんじゃないか・・・なんて錯覚に陥ります(苦笑)。
しっかりメンテナンスした車ならまだしも,オーストラリアには車検がないですからネ。こんなポンコツを個人売買で買ったりすれば,黒い煙を吐いて走ったり,オイル漏れや消耗部品の交換代が結構嵩むんじゃないかと心配になってしまうのはワタシだけでしょうか?

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年07月15日(水)

日本人はどこに多く住んでいる? [その他]

メルボルン大都市圏は在外邦人の多い街としての顔をもっています。外務省の海外在留邦人数統計(H20年速報版)によれば,メルボルン大都市圏の日本人(長期滞在者+永住者)は10,229人を数え,16位です。この数は,上海,香港,北京には敵いませんが,台北やソウル,マニラ,ジャカルタ等のアジアの大都市に滞在する日本人の数を上回っています。こう見ると,実はメルボルンには日本人が結構いるんですネ(実は同じ統計でみるとシドニーには25,391人(6位)となり,オーストラリアに滞在する日本人の拠点はシドニーの方が圧倒的に多いですけど・・・)。
一方,オーストラリア統計局(ABS)のデータで「日本人」をピックアップするため,このブログでも前に使ったように,「家で日本語を使う人口」というデータを探してみると,メルボルン大都市圏では4,399人(1996年)→5,121人(2001年)→6,534人(2006年)と着実に増えていることがわかります。ABSのデータと外務省のデータに開きがある理由は簡単です。観光客を除く長期滞在者と永住者をすべてカウントする外務省と,「家で日本語を使う」としてオーストラリアの国勢調査にきちんと回答した人(観光客,3ヶ月未満の一時滞在などは含まれない)の違いですネ。両データの違いの説明はこのぐらいで省略しますが,まぁ,統計には自ずと限界があることを承知の上で,大きな傾向をつかむ程度で先へ行きましょう。

画像(175x154)・拡大画像(600x529)

2001年の様子です。地図の範囲外にも,もちろん日本人はいます(笑)。

こうした動向を,僕の専門の地理学的な方法,つまり「地図」を使って表せないかなぁ・・・と考えながら,あれこれやってみました。最新の国勢調査(2006年)では最小の統計区までのデータが現状では入手困難なので,ちょっと古いなと思いつつ,2001年の統計を使って地図化してみました。上でふれた通り,ここ10年で「日本語人口」は増えているので,ここで示した地図よりも実際にはもう少し増えていると柔軟に解釈して下さい。
メルボルン大都市圏で日本人の多い場所は,「都心」「Toorak, South Yarra周辺」「Brighton, Caulfield周辺」の3か所ですね。この図はオーストラリアの国勢調査の中で,最小の統計単位であるCollection Districtの単位で描いたものです。図の中で大きめの○は印は25人規模で(5〜6家族の?)日本人が住んでいる統計区です。このような大きな○は中が赤と青の両方に色が塗ってあります。つまり,家族で住む人が多いと推測できます。ざっと見て,都心から10km圏内では青(つまり男性)が多い傾向ですネ。また,上述の3大集積地がほぼ含まれ,家族で住む人たちも多いといえます。それより外側になると,今度は圧倒的に赤(つまり女性)が多くなります。これはどう解釈しましょうか・・?女学生が多い?それとも,国際結婚して,奥さんが日本人という家族が東の郊外に多く住んでいる・・?
こうしたことの検証は,今度は家族構成とか年齢構成とか,別の要素を調べなくてははっきりしません。まぁ,ここまでくるととても話が学術的になってくるので,今日はこのへんでやめておきましょう。2006年のデータで地図が作れるようになったら,また違った角度から日本人にスポットを当ててみようと思います。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年07月08日(水)

霜化粧の朝 [その他]

画像(175x120)・拡大画像(640x439)

ここ数日,こんな感じです。

今朝は冷え込みましたね。南半球のメルボルンでは,7月の今頃は北半球の1月中頃。1年でも寒さが一番厳しくなる時期に当たります。
ここのところ朝方に晴れている日が続き,風も穏やかなので,放射冷却が強まって朝の寒さが一層と厳しくなります。今朝のメルボルン都心の最低気温は発表では+3.4℃。日本の各地ではもっと下がるところが多いので,この数字を見る限り,冬の朝の最低気温としては大して低いとか寒いとかは感じない人が多いかもしれませんネ。
メルボルンの気温の記録に当たってみると,7月の最低気温としては1869年にー2.8℃だったとありますが,ずいぶん昔の事ですね。オーストラリアの気象庁のサイトでヴィクトリア州の気候の記録によれば,都心から20km以上郊外の丘陵地では概ね都心よりも2〜3℃低い傾向がありますが,都心では概ね+3℃ぐらいが「底」という感じです。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

うっすらと霜化粧。

とはいえ,寒いものは寒い(笑)。今は築40年近いレンガ造りの家に住んでいて,すきま風もけっこうあるみたいなので,暖房をガンガンたいて寝ないと風邪をひきかねません。レンガと石で出来た家は,気温が下がると,家の材質そのものが寒さをさらに貯め込むようで,朝の寒さも格別です(苦笑)。
でも,こんな寒い朝にも,いいことがあります。今朝は近くにあるいつもの公園がうっすらと霜で覆われていて,なんとも言えない幻想的な光景でした。都心の公式発表気温が+3℃でも,郊外のこの辺りは,少なくとも地表面は氷点下になったということです。写真ではうまく表現しきれない面もあり残念ですが,とてもキレイで印象に残ったので,ぜひまた見たいですネ。明日も早起きしよっと。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年07月03日(金)

留学生のマチ,メルボルン [その他]

画像(175x139)・拡大画像(400x319)

1996年。増え始めの頃です。

オーストラリアの大学には,とくに主にアジア諸国からを中心とした留学生がたくさんいます。オーストラリアの大学で最大の留学生数を誇るマンモス大学であるモナーシュ大学の例をみると,全学生数約53,000人のうち留学生は約12,000人(2003年)に上ります。ザッと,4〜5人に1人は留学生という計算です。オーストラリアの大学はどこも似たような状況にあります。これは,1980年代後半に留学生用のビザの基準に変更があり,オーストラリアは国として留学生を積極的に受け入れる方向へと大きく舵を切ったからです。

画像(175x139)・拡大画像(400x318)

2006年。かなり増えましたネ。

ここに挙げた2つの地図は,オーストラリア統計局のデータをもとに,僕の専門でもあるGIS(地理情報システム)を使ってわかりやすく地図で表現したものです。メルボルンは,メルボルン大学や王立メルボルン工科大学(RMIT),モナーシュ大学ほかヴィクトリア州内の8大学が拠点を置いていて,オーストラリアではシドニーを凌ぐ規模の留学生が学んでいます。とくに,メルボルン大学とRMITが都心にとても近い距離にあることから,「大学生増加」=「マチの活気の増加」という関係がハッキリみてとれますネ。やっぱり,マチには若い人が必要です。

画像(175x161)・拡大画像(400x369)

メルボルン市の人口。こんなに留学生がいるんですネ。

大都市圏人口では400万人近い規模ですが,実はメルボルン市そのものは,地図中に赤い枠で示した面積36.5km2,日本の多くの市よりは小さなぐらいの規模です。そこに,人口はざっと71,000人程(2006年)います。人口推移をみると,いかに留学生の増加がマチの人口増加に影響を与えてきたか,読めますよネ?
おっと。長くなってきたので,色んなことは,また別の記事で小出しにしながら紹介することにしましょう。
この記事に書いている内容は,実は僕が地理学の学術誌に書いたものです。ちょっとお堅いかもしれませんが,こういう学術的なことでも,分野の殻だけに止めておくのはもったいないので,噛み砕いて,この先もこのブログに書いていこう思います。
なお,この記事の内容は,出典を明記していただけば,どんどん引用していただいて構いません。正確な書誌事項は以下の通りです。引用する場合は,下記の情報をどこかに明記して下さいネ。

堤 純,オコナー・ケヴィン「留学生の急増からみたメルボルン市の変容」『人文地理』(人文地理学会),第60巻,pp.323-340,2008年(日本語).

本当は全文を載せたいところですが,著作権の関係から,まだ向こう数年は全文コピーやpdfファイルを置くことができません。ご希望の方は,こちらにメールを下さい。コピーをこちらから送ります。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年06月28日(日)

都会の鳥たち [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

カモメもやってきます

メルボルンはヤラ川の河口部に位置しています。ヤラ川は河口から直線距離で30kmぐらい内陸部から蛇行を繰り返していて,それは貴重な緑地を提供してくれています。
このブログでも紹介したPound Bend Reserve辺りに立てば,ここのわずかすぐ目と鼻の先に400万人規模の大都市圏が広がっているなんて,とても想像がつかないぐらいの自然が溢れていることに驚きます。
ところで,メルボルンに限らず,海辺の街にカモメは付き物ですね。他都市の例に漏れることなく,メルボルンの街中でも多くのカモメを目にします。彼らの生存力逞しいことと言えば,いまさら形容することも必要ないかもしれませんね。人間とうまく共存しているというのか,なんと言ったらよいか・・・。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

それは,チキンでは・・・?

メルボルンにはカフェ,とくにオープンカフェが多いことはよく知られていますが,この写真のような光景はどうですかねぇ・・・。食べ残しがあることはそんなに珍しくないですが,ランチの混雑時などが,片付けが遅れることがよくあります。そんな時は,すかさず鳥たちが飛んで来て,客の残した残飯に群がります。「客が与えるパンくずをついばむ」なんてレベルではなく,これは「食事」ですね・・(苦笑)。
時には大型のハトやカモメがやってくることも珍しくありません。鳥がチキン・ラップの食べ残しを突っついていることもあったりして,なんだか考えさせられてしまいますね。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。