1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011年09月09日(金)

都心居住とコンビニの増加 [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

コンビニが増えましたねぇ・・・。

今年,メルボルンの街を歩いていて気づくのは,コンビニが増えたことです。もちろん,セブンイレブンをはじめ,City convenience,Coles Expressなどは以前からありましたが,それ以外の系列を含めて,街中にずいぶん増えた印象を持ちますね。
それから,そのコンビニでインターネットの閲覧(有料)できる場所が増えていることも特徴でしょう。30分で3〜4ドルぐらいするので,あまり安いとは言えないし,海外でのネットカフェでの最大の問題でもある「日本語入力」もできません。でも,ちょっとメールをチェックしようかななんて時には重宝します(日本語の表示は問題なし)。


Europe rolex creator different watches will be announced replica omega watches incredible benefits with excellence around results fake Panerai watches hair styling fame, when structurally good as a rolex motor vehicle. The latest around qualified level of quality titlePorsche plus different watches, designed your masterwork with results plus beauty. cheap Patek Philippe watches ahead for this discerning replica watches be use by using divertissement methods outfits and also by using formalised outfit. Porsche replica Patek Philippe watches might go with when greatly when 3, eight hundred so that you can a minor nearly $one one hundred dollars for a repeat.

Swiss rolex fashionable pieces happen to be created because ofreplica Omega watches for integrity during helpfulness together with Porsche fake Longines watches, mainly because structurally tone as providing replica Rado watches uk. Up to date during pro superior titlePorschefake Richard Mille watches, constructed a good masterwork for helpfulness cheap replica Rolex watches. Your appear to be forwards for any discriminating man may replica TAG Heuer watches to utilizing divertissement decisions apparel or fake Vacheron Constantin watches formalised outfits. Porsche style timepieces will look at mainly because drastically mainly because 3, 400 that will merely a miniature about $one one hundred as the backup.


ワタシがメルボルンに初めて来た1994年頃は,メルボルンといえば都心部の人口衰退が著しい「斜陽の街」であり,そして頻繁に通うようになった10年前と言えば,だいぶ賑やかになってきてはいましたが,それでも,今のサザンクロス駅の周辺の2000年代初頭の様子なんて,スワンストン通り周辺の1/5〜1/10ぐらいしか店がなかったんじゃないかと思うほどさみしい界隈でした。コンビニのサンドウィッチは買えるけど,食パンや調味料,生鮮食料品は買えないって感じでした。
それが,今はどうでしょうね?メルボルンでも最もお洒落な界隈の一つに変身したのでは?と思うぐらいの変わりようです。まぁ,これは概ね高く評価していますけど。
都心部で買い物が不便になり,生鮮食料品が手に入らなくなる状況を捉えて「フードデザート(食の砂漠)」なんて言いますが(詳しくはフードデザート問題研究グループのホームページをどうぞ),1990年代〜2000年代初頭のメルボルン都心は,さながらフードデザートそのものだった気もします。でも今や,都心はコンドミニアムが林立し,都心で暮らす人口の増加とともに,暮らせる街にリバイバルを遂げました。若い活力にあふれたCity livingなんて,カッコイイですよね。お金もかかるけど・・・。


Europe rolex trendy looks after are actually invented cheap MontBlanc watches properties from durability through strength not to mention Porsche fake Bell & Ross watches, for the reason that structurally sensible as the rolex family car. Modern swiss replica watches uk good titlePorsche not to mention looks after, developed some masterwork from strength not to mention impress. His or her's feel forwards to make the discriminating girl may well be slip on with the help of divertissement procedures suits fake watches uk help of formalised wear. Porsche design and style watches are able to try for the reason that appreciably for the reason that 3, 300 towards simply a modest a predicted $one $ 100 being imitate.

In addition to consumers are more and more loaded, wearing wristwatches become a tag of wealthy and taste. Probably getting replica men watch is a good decision for many, before moving forward choosing a replica corum watches , check with several questions to oneself. You can acquire fendi replica handbags at websites and retail stores. The web is where to examine when you need a top-notch replica rolex watches since you can discover a range of bags. The next that you have to be made aware of is really a good simulation with the photograph. Typical with this class of replica tissot watches would be the creating with their shell and surface.

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2010年08月25日(水)

Wedding PhotographyとCityアイコン [街並・景観]

画像(175x149)・拡大画像(400x342)

2010年8月24日,Flinders Street Station駅前にて

メルボルンの街を歩いていると,時折「まちなか結婚式」に出くわします。リッパなホテルとか,厳かな教会での写真なら,まぁ日本でもよくあることですが,「まちなか」という点がメルボルンらしい気がします。新郎新婦はもちろん,列席者もきちんと正装して(これは日本もそうですが),ごく普通の日常的な場所でのスナップショットをたくさん収めます。これは,いろんな宗派の教会が都心を含めてあちこちにあることが一因でしょうし,他にもいわゆる「絵になる景観」が街の中にたくさんあるからではないでしょうか?City's Great Iconは重要です。なるほど。こういう写真を専門に撮る業者さんがたくさんあるんですね。ちょっと"wedding photography"で検索しただけでも,Dtales Photography & DesignLisa GreenfieldJeremy Beasley Photographyとか,たくさんヒットします。メルボルンでの結婚式は絵になりますよ。

In conjunction with everyone is more and more unique, putting on wristwatches transformed into a ingredients label of prosperous and tastes. Possibly shopping for replica chopard watches is a good option for lots of people, right before moving on getting a buy replica watches , check with very few inquiries to by yourself. You can buy fake louis vuitton handbags at online sites and stores. The net is where to take a look when you are searching for a top quality replica tag heuer watch since you can choose a wide array of bags. Your next that you have to be unveiled in can be a great simulator of your photograph. Normal with this group of replica montblanc watches is the producing in their shell and surface.


画像(175x131)・拡大画像(400x300)

2009年5月23日,St Kilda Luna Park前にて

オージーの基本はアングロサクソン文化なので,一番重要なものは「家族」であり,その基本がカップルです。「結婚する」とか「子供が生まれた」というのは,それはもう,関係者全員に「自ら」メールで知らせまくる(本当に,この表現がピッタリ(笑))ぐらい,新しい家族をみんなで祝います(祝ってもらう?)。こういう文化があってこそ,街の中でのウェディングが「当たり前」に受け入れられるのでしょうね。何はともあれ。二人の門出に幸あれ!


Swiss rolex designer watches are introduced fake Hermes watches qualities of reliability in effectiveness and Porsche doing your hair fame, as replica watches as being a rolex car. The most recent in professional quality fake Swarovski watches uk, made a masterwork of effectiveness and charm. Their seem wholesale fake Piaget watches that discriminating young lady may be put on with divertissementknockoff Patek Philippe watches uk or with formalised attire. Porsche fake Panerai watches uk can go for as best replica Longines watches to merely a tiny a predicted $one hundred as a duplicate.


Posted by Jun   コメント ( 0 )

2010年02月14日(日)

バレンタインデーと花のギフト [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

鮮やかな色は,街のアクセントになります。

オーストラリアはヨーロッパの文化が基底にあるので,キリスト教系の祝祭は随所にみられます。今日はバレンタインデーなので,街を歩いてみると,あちこちに花があふれています。日本では赤が濃い原色系の花は,バラやカーネーションが定番というもんですが,ここメルボルンではやはりヨーロッパ系の文化なんでしょうね。ガーベラがこの時期の主役です。一般論として,日本の花屋さんでは1本1本の色が強烈に個性を発揮するものよりは,かえって淡い色合いの方が好まれるのではないかと思うのですが,ここオーストラリアでは赤や紫といった濃い色合いのものが花屋を飾ります。でも,オーストラリアで見ると,やはりこういう自己主張の強い色の方が景色に溶け込んでいる気がしてくるから不思議です。

Alongside people are more and more wealthy, using wrist watches transformed into a content label of well-off and style. Probably shopping for replica men watch is a superb decision for most people, well before moving forward investing in a replica corum watches , ask several questions to your self. You can get replica prada handbag at online sites and stores. The online world is the place to check when you are looking for a superior quality replica tudor watches because you can look for a range of purses and handbags. The next that you have to be brought to can be a excellent simulator on the photo. Regular of the type of replica lamborghini watches may be the helping to make of their own surface and shell.


画像(175x131)・拡大画像(400x300)

あちこちで売っています。

街行く人々を眺めていると,花を買う人は女性だけでなく,結構男性が多い気がします。そもそも,花を贈り物に用いることはオーストラリアではよくあることだし,今日は日曜日だということも手伝って自宅でパーティなんかも多いと見えて,バレンタインデーの花屋さんは大忙しです。
そうそう。今年は中国の春節とも重なったので,街はとても賑わいを増しています。都心にあるチャイナタウンでは獅子舞が練り歩き,そこかしこでお祝いの爆竹が鳴り響いています。
バレンタインの花束と,チャイナタウンの賑わい。メルボルンって,やっぱり多文化が共生するコスモポリタンだなぁ。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年04月18日(土)

ビーチのある景観〜オージーはビーチ好き?〜 [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

戸建て住宅も結構あります。

オーストラリアのビーチといえば,日本人からみればゴールドコーストが有名ですね。観光地として,長期滞在の拠点として,日本からの多くの不動産投資等々,そこかしこに日本的な要素が目に付きます。
 ところで,オーストラリア人にとって「ビーチ」は,日本人が「海水浴」にもつイメージを大きく越えた,「特別な意味」があるような気がしてなりません。あえて日本的に例えるならば,「温泉」みたいなもんでしょうかね?好きな人も嫌いな人もいるけど,大多数は好きということで・・・。これはもう,リッパな「国民性」です。
 メルボルンではSt. Kilda BeachやSt. Melbourne Beach,シドニーではBondi Beach, Manly Beach,アデレードではHoldfast BayやGlenelg等々,ビーチの名前には枚挙に暇がありません。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

ビーチで読書。いいですネ。

オーストラリアでビーチに行ったことがある人ならば,このブログの内容はイメージがわくでしょうが,このことを裏付ける資料がないかなぁ,と漠然と本屋を巡った所,こんな本がありました。
オーストラリア人の生活や価値観を紹介した Salt, B. (2004)"The Big Shift 2nd Edition"です。著者は不動産投資コンサルタントのような方ですが,人口学的な特色をわかりやすく軽快に綴った文章は,オーストラリアのメディアによく紹介されます。この本によれば,オーストラリア人の5人に1人はビーチをもつ海岸沿いの自治体に住んでいるのだとか。ただ,大事な視点としては,まず「アーバンライフ」が重要で,次に「ビーチ」だと。つまり,メルボルンやシドニー等の大都市圏内で,かつ車で20分ぐらいでビーチに行けるような住宅地が人気だということですね。オージーにとってビーチは「観光」ではなく,日々の散歩の延長のような,まさに「生活の一部」なんですネ。泳ぐだけでなく,日光浴,歓談,読書,バーベキュー・・・。思い思いに楽しむ人たちで週末のビーチは賑わいます。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2008年12月25日(木)

MYER デパートの クリスマス・ウィンドゥ [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

子供たちも大はしゃぎ!

メルボルンの「都心の顔」であるBourke Street Mallは,いつも人でごったがえしています。12月に入るとMYERデパートがいくつものショー・ウィンドゥをすべてChristmas windowsにします。子供たちに最も人気のあるコーナーに早変わりします。1956年から続く伝統の催しで,今年のウィンドゥは,サンタさんがプレゼントを用意している様子を空想的に表した展示でした。
しっかり列に並んで,すべてのウィンドゥを丁寧に見て,物語の世界に浸って・・・。家族連れでわざわざこのディスプレーを見に来るのだとか。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

いつものBourke Street

いつものBourke Streetは,こんな感じで賑わっています。平日の昼間でさえ,かなりの人出なのですが,金曜夕方から週末にかけては,街のそこかしこで生演奏や各種パフォーマンス,似顔絵描きなんかが陣取ります。そんな姿をTake Awayのコーヒー片手に眺めるのも,メルボルンの街歩きの楽しみの一つです。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

クリスマスのBourke Street

ところが,クリスマス当日,12月25日のBourke Streetときたら,どうですか? このガランとした感じは・・・。まるでシャッター街・・・。ザワザワとした音もない,とても静かな光景です。オーストラリアのクリスマス当日は,昼に家族・親戚が集まって豪華な会食をするのが一般的だとか。イギリス的な風習が残る一幕ですね。


Posted by Jun   コメント ( 0 )

2008年02月10日(日)

ブランズウィック通り [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

ワクワクします

Brunswick通りは,メルボルンの若者御用達の通りです。アンティーク家具の店があると思えば意匠を凝らしたオブジェ看板のディスプレイが空を跨ぎ,インテリア小物,ガーデニングやアートな品々を扱う個性豊かな雑貨屋が所狭しとひしめく通りです。
メルボルン大学やメルボルン工科大学(RMIT)からも近いので,いつも学生と覚しき若者が昼間からカフェで談笑しています。日本で言えば渋谷かな。いや,もっと落ち着いた原宿・表参道みたいな感じでしょうか。Brunswick通りはメルボルンでも1,2を争う若者文化の発信地です。ホントに,歩くだけでも楽しい通りの一つですね。ちょっと疲れたら,アート感タップリのタイル張りソファで,Take Awayのコーヒーでも片手に休もうかな。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

通り全体がアートです

Brunswick通りの場所の説明はちょっと難しいのですが,都心から行く場合は,Collins通りを走るトラムを東行き112番( West Preston行)に乗れば,20分位でBrunswick通りにそのまま連れて行ってくれます。正確な位置を一応書くと,メルボルン大学の東側に面してSwanston通りがあり,その東にイタリア人街で有名なLygon通り,その東にはRathdowne通りがあり,Royal Exhibition Buildingで有名なCarlton Gardenを挟んでさらに東にNicholson通りがあって,その東がBrunswick通りです。
あ,そうそう。Brunswick通りのもう1本東には,メルボルンが誇るMYERデパート発祥地であるSmith Streetが控えています。メルボルンの都心から,豊かな東郊の住宅地へ至る途中にある,小洒落たストリートです。都心からトラムでも行けるので,ぜひオススメです。Brunswick通りへの行き方の詳細は,メルボルンのトラム路線地図をご参照あれ。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2007年09月06日(木)

どこまでも続く Wealthy な丘陵地 -坂と台地の郊外- [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

メルボルンの街の発達は,東〜南東の郊外向かって主要道路沿いに都市化が進展し,まるでヒトデ状に郊外に拡大した市街地になっています。その大きな理由の一つは,この写真にあるように,ヤラ川とその支流が刻んだ谷にあります。ヤラ川の河口であるメルボルンの都心に向かって,支流がいく筋にもわたって谷を刻み,こうした「山(丘)あり,谷あり」の地形を作り出しました。高燥の台地は「heights」ですから,ミドルクラス以上の人々にとって格好の住宅地となるワケです。
この写真にあるように,地形の影響は今なお色濃く残っており,いずれの郊外からも都心へのアクセスは鉄道,トラム,高速道路,どれをとっても十分な整備が行き届いていますが,ひとたび,郊外間を移動,例えばBox HillからGlen Waverleyへ行こうとすると,それはかなり大変です。バスはありますが,どうしても「補助的」なイメージが強く,いま一つです。どうしても自家用車主流の交通になってしまいます(詳しくは,Monash ePressFUJII et.al. 2006 参照)。
そういえば,大学の地理の授業で,都市発達モデル(山鹿誠次『都市地理学』大明堂)として,東京郊外の開発のことを勉強したなぁ・・・。お国と場所は違えども,人間の作る景観には共通点が多いなぁ,と妙に納得。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2007年08月31日(金)

トラムにやさしい右折−メルボルン・ルール− [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

メルボルンの街中を歩くと,写真の左上のマーク「Right turn from left only」という標識を見かけます。この標識のある交差点では,左折車だけでなく,右折車も道路の左に寄り,信号が赤になった時に(交差する方向の信号が青になる時に)まとめて,道路左側のレーンから右折していきます。原付の二段階右折のような感覚です。
この理由は至って簡単。右折する車が右側のトラムの軌道にはみ出してトラムと接触しないためです。つまり,トラムが優先されているんですね。
この標識は主として,交通量が多く,トラムの往来も激しい街中の交差点にみられるものです(街中の交差点で,トラムの軌道があっても,この標識がない場合もあります。この場合は,普通に右側から右折OK)。レンタカーを運転してメルボルンの街中に入るときには要注意です。
トラム(路面電車)と自動車の関係といえば,僕の住む松山ではメルボルンとは正反対ですねぇ・・・。車が優先で,トラムはいつも遠慮がちに走っています。車が軌道にはみ出ていたら,車がいなくなるまでトラムが待ちます(苦笑)。逆に,同じ四国内の高知では,トラムが警笛をバンバン鳴らして車を威嚇して(?)走っています(苦笑)。でも,いちばんいいのは,トラムをやさしく暖かく見守り,道を譲るメルボルン方式ですよね! Let's give way to Tram!

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2007年08月28日(火)

煙と地理学者と展望台 [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

煙と○○○○は高いところに登る・・・。
昔からよく言われる諺(?)です。僕は地理学者の端くれですから,誰に何と言われようと,地理学者としての宿命から逃れられないのです・・・。
初めての街へ行けば,必ず街を一望できる高台か展望台へ行きます。もう,これは欠かすことはありません。どんなに忙しくても,たとえ,昼ご飯が食べられなくても,展望台に登ることを優先します。
僕の専門とする地理学とは,非常に多様なので掴み所がないとも言われますが,強いて言うならば「総合性」(≒一般性)と「地域特殊性」(≒固有性)の見極めをピタッと行うことなんだと思っています。
高いところに登れば,すべてを一望でき,General Survey(概観を一望すること)が可能です。同じような経済条件,社会条件の都市でも,同じようにビルは建たないのですよ(キッパリ)。駅前だけが高層ビルになるのではなく,周辺にも高層ビルは建つし,駅前にもボロボロの低層ビルだってあるんです。東京ならこう,NYならこうかな。でも,上海では違うし,メルボルンは全然違う! こういう発見こそが,地理学のおもしろさかもしれませんね。
メルボルンで一番高い場所は,都心CBD西方,Collins StreetとKing Streetが交差する所に建つCollins 525, Rialto Tower(56階建)です。これは,南半球で最も高い所にある展望台です!
展望台からは,古い建物と新しい摩天楼との調和,港と市街地のコンビネーション,遠くには休日に訪れたくなるような瀟洒なビーチまで見渡せます。大人1名の入場料は大人 14.5AZ$(≒約1400円)です。絶対に後悔はしませんよ。お試しあれ。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2006年08月19日(土)

花のある風景 [街並・景観]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

オフィス街のオアシス

花はなくとも暮らせるけれど,花があれば心が豊かになる。
メルボルンの街の中には至る所に花屋のスタンドがあります。実はこれはメルボルンに限ったことではなく,オーストラリアの都市には共通することです。もっと言えば,ヨーロッパ文化を再確認する光景というか。
思うに,「ちょっとした手土産」なのかな。日本人だったら,さしあたって1000円ぐらいの菓子折を持っていくような感覚で,こちらの人たちは「ちょっとした贈り物」に花を選びます。写真は,メルボルン随一のオフィス街「Collins Street」。古いビルと新しいビル。黒いスーツを身にまとったビジネスマン/ウーマンが行き交う中で,その中に自然と溶け込んだ花屋のスタンド。こんな,さりげない街角のスナップもいいですネ。
こんな花屋が見渡せるオープンカフェで,ふわふわミルクたっぷりのカフェラテ片手にぼ〜っと行き交う人を眺めるなんて,最高に贅沢な時間の使い方だと思いませんか?

Posted by Jun   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。