1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009年08月17日(月)

Domaine Chandon のシラーズ [ワイン・ビール・お酒]

画像(131x175)・拡大画像(300x400)

スパークリングだけじゃない!

メルボルンから近いこともあって,ヴィクトリア州最大のワイン産地であるヤラ・バレーには,これまでに何度か足を運びました。企業的な大規模なものから家族経営を中心とした小粒なものまで含め,ピリッとアクセントのきいたワイナリーが点在しています。
さて,ここで紹介するのは,最大規模のDomaine Chandonのシラーズです。1986年にフランスのMoët & Chandonが作ったワイナリーで,本国のシャンパンにならったスパークリングワインが有名なワイナリーです。
試飲コーナーでは「保守本流(?)」ともいうべき何種類ものスパークリングワインを求める人が群がる中,僕は静かにシラーズを2種類試しました。「ドメイン・シャンドンで,シラーズ?」と疑問に感じる方もおられるでしょう。まぁ,最後まで読んで下さい。
ヤラ・バレーの土壌は,もともとフランスのシラー(エルミタージュ)種に適したものだと言われています。おいしさのポテンシャルは充分あります。ここのシラーズは,一口含んだだけで上質さが感じられ,後から続く複雑な余韻には度肝を抜かれました。冷涼な気候が特徴であるヤラ・バレーで,こんなシラーズが作れるなんて驚きました。シラーズはバロッサがいちばん美味しいと思っていたけれど(今でも,そう思っていますが),ヤラ・バレーでこんなシラーズに出会うとは,正直予想していませんでした。
29.95豪ドルという価格も,この味なら文句ありません。ついでに試飲したBarrel Selection Shiraz 2006(45.95豪ドル)もステキでした。ひょうたんみたいな独特の形をしたデキャンタで空気をたくさん含ませてまろやかになったシラーズは,まるで絹のようなとも言うべき繊細な舌触り。それでいて色よし,香りよし。深みや丸みも申し分ありません。そして複雑な余韻は,この滞在で飲んだ赤ワインの中で一番印象に残る1本でしたネ。
ただ,心配なのは2月のブッシュファイアーの影響です。いくつかの新聞報道(例えばコレ)をみると,火事そのものよりも,収穫を前にしたブドウが大量の煙に巻かれてしまったことによるsmoke damageが心配だ,と。ヤラバレーの2009年ヴィンテージは殆ど目にすることができないかもしれませんね。
そうそう。こんな大きな被害を受けた産地を救う方法はただ一つ。ヤラ・バレーのワインを買って,ワイナリーの経営を支えることです。これからヤラ・バレーのワインを買ってこよっと。

Alongside folks are more and more vibrant, sporting designer watches transformed into a tag of rich and preference. Could be shopping for replica tudor watches is a wonderful decision for many people, prior to moving on investing in a replica longines watches , inquire few questions to your own self. You can acquire replica lv handbags at online sites and retail stores. The online market place is where to check when you would like a top-notch replica vacheron constantin watches since you can find a range of bags. Our next that you have to be exposed to is a fine simulation of the photo. Regular in this class of replica ladies watches may be the generating of these shell and surface.


Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年06月05日(金)

Dan Murphy's でワインのバルク買い [ワイン・ビール・お酒]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

あちこちにあります。

こちらでは車を所有していないので,重量物である酒類(=日々の潤滑油)の調達にはちょっと苦労することがあります。その日飲む分だけを買うという手も無くはないですが,やはり割高になります。
このブログでも何度か紹介してきているように,オーストラリアの酒類レベルは概して高いと思います。とくに,ワインが。そこで,車を借りた時にまとめてバルク買いすることにしています(笑)。今週末はQueen's Birthdayのおかげで3連休なので,車で名所を巡ろうと思い立ち,車を借りました。そこで,まずはお酒の量販店であるDan Murphy'sのPrahran店へ直行です(苦笑)。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

産地ごとの品揃えは秀逸。

Dan Murphy'sはチェーン店なので,国内あちこちにあります。ワインもビールもその他の酒類も,品揃えはなかなかのものです。その中で,メルボルン随一の高級住宅街&オシャレな界隈として名高いPrahran(South Yarra, Chapel Street)のお店は,数ある同社のお店の中で,ひと味もふた味も異なる気がします。
まず,商品の価格帯,産地別のレンジが広く,色んなニーズに応えてくれます。また,1本10ドル程度のテーブルワインから30〜40ドルぐらいするちょっとしたワインまで,半ダースや1ダースの箱売りもしています。この店に来れば,おいしくて割安なワインに,必ず会えますよ。
あ。連休のドライブの話じゃなかったですね(苦笑)。ま,ご愛敬ということで。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2009年05月05日(火)

チャイナタウンのワイン屋さん [ワイン・ビール・お酒]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

抜群の品揃えの良さ!

僕はオーストラリアにワインを飲みに来ていると言っても良いほど(←言い過ぎですね。訂正します。え?訂正不要?まぁ,それはさておき),オーストラリアワインが大好きです。
そんな僕は,メルボルンに来たら必ず寄るワイン屋さんがあります。Swanston StreetからLittle Bourke Street(チャイナタウン方面)を東に50mぐらい入った所に,Vintage Cellarsの中華街店があります。メルボルンで中華街に来た人なら,必ず目にしているワイン屋さんだと思います。わかりやすい絶好の立地場所です。
Vintage Cellarsはチェーン店なのであちこちにありますが(最近は,統廃合も結構しているようですが・・・),この中華街店の品揃えは傑出しています。同じVintage Cellarsの他店にはないワインが,ここにはたくさんあります。
オーストラリアはB.Y.O.(酒類の持ち込み可)のレストランが多く,中華街は好みの酒をもっておいしい中華を楽しむ観光客や地元のオージーが多いことも,この店の品揃えに影響しているかもしれません。15豪ドル(約1,000円)程度の売れ筋テーブル・ワインから,豪州名物(?)の3リットル入りの箱ワイン(カスクワイン)はもちろん,30ドルでも,50ドルでも,100ドル以上でも・・・。赤/白,ドライ/リッチ,産地別,料理の相性別・・・。すべての期待に応えてくれます。
店員さんたちもよく勉強していて,「(○○に良く合う)・・・こういうワインがほしい」とリクエストすると,予算を聞かれ,その範囲内でベストの1本をアドバイスしてくれます。
僕は毎回,このワイン屋に来て,滞在中に飲むワインをまとめ買いします。いやぁ,オーストラリアワインっておいしいなぁ!

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2008年08月25日(月)

Coopers Pale Ale [ワイン・ビール・お酒]

画像(85x118)

オーストラリアで楽しみなことの一つに,おいしいビールが挙げられます。世界的に有名なのはFosters Groupによるもので,F1のスポンサーなどでも有名な,オーストラリアを代表する「FOSTERS」をはじめ,メルボルンほかヴィクトリア州で「VB」(ヴィーブィー)の愛称で有名な「Victoria Vitter」,さらには日本のアサヒを含めた数多い有名ブランドをライセンス生産して売り出しています。
しか〜し。僕は,オーストラリアで最もおいしいビールと言われれば,迷わずCoopers Pale Aleの名を挙げます。僕の一押しは緑色のラベルのOriginal Pale Aleですが,赤色のラベルのSparkling Pale Aleも甲乙付けがたい秀逸なものです。だいたい6本パックで17〜18豪ドル程度です。箱買いすれば1本当たり1豪ドル程度で買えるビールが多い中,僕は敢えてCoopersを指名買いします(笑)。
日本でも若者のビール離れを叫ぶ声が喧しいですが,しっかりとしたコクがあって,上面発酵ならではのAleの苦みが嬉しいCoopers Pale Aleは,何本でも飲める逸品です。ぜひ,お試しあれ。
あ。これも,メルボルンのネタではありませんでしたね(苦笑)。Coopers Pale AleはSouth Australia州の偉大なビールです。ま,ご愛敬ということで。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2008年01月19日(土)

Thorn Clarkeのワイン [ワイン・ビール・お酒]

画像(131x175)・拡大画像(225x300)

秀逸なブレンドに脱帽!

僕は,かれこれオーストラリアワインばかり何百本と飲んできていますが,かなり好みが固まってきました。すきなタイプは南オーストラリア州のバロッサ・バレーで採れるPowerfulでSpicyでFantasticなワインが大好きです。グラスに注いだ時の魅力的なブドウ色,そして立ち上る芳香。グラスを運ぶと口いっぱいにひろがる濃厚な果実味が堪能でき,それでいて舌の上では複雑な余韻さえも楽しめる・・・。こんなステキな味のワインが,オーストラリア現地で買えば,20豪ドルぐらい。30ドルなんて言ったら,アナタ。そりゃぁもう,至福で優雅な時間が約束されます。日本でもだいたい2000円〜3000円もだせばパーフェクトでステキな"オーストラリア"ワインが買えますね。
さて,最近飲んだ赤ワインの中では,Thorn Clarke の赤ブレンドワインが,値段とのバランスから言ってとても印象に残りました。このワインはまさに,オーストラリアワインで3000円もだせば,極上のワインが飲めるということの典型ですね。現地では20豪ドルぐらいで買える,バロッサの赤ブレンドワインです。ブドウの単一品種で醸造するバラエタル・ワインが主流のオーストラリアにとって,品種を混ぜたブレンドワインはそもそも珍しい存在です。カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン,メルロー,さらにはプティ・ヴェルドー,(オーストラリアでは珍しい)マルベックまで入った1本がはたしてどんな味がするのか・・・。正直,初めはあまり期待していませんでしたが・・・。ワタシが間違っていました。ゴメンナサイ。バロッサ・バレーに共通するブドウの濃縮感というよりは,ずっとずっと上品な味がしました。僕はあまり酸味のあるワインは好まないのですが,それでもこのワインの酸味が上質であることはハッキリわかります。バロッサ・バレーで6代も続いて伝統的にワインを作り続ける家族経営のワイナリーから醸し出される極上のワインは,本場ヨーロッパのワイン通が飲んでも,絶対にウナること,間違いなし。
日本でも「Thorn Clarke」か「ソーンクラーク」で検索してみて下さい。楽天市場なんかでも買えるみたいですよ。ぜひ,お試しあれ。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2007年08月21日(火)

やっぱりKARLEIワイン! [ワイン・ビール・お酒]

画像(131x175)・拡大画像(300x400)

31 AZ$

日頃忙しすぎて,このブログも,とんとご無沙汰していました。いま,メルボルンに来ています。やっぱり,ここに来ると元気が出るなぁ。
オーストラリアに通い始めて随分たちますが,2002年にアデレード郊外のバロッサバレーのワイナリーツアーに参加して,オーストラリアワインの洗礼を受けました(?)。それ以降,オーストラリアワインばかり選んで飲み続けています。はじめの頃は,「これぞ,オージーワイン!」というような,まさに代名詞とも言うべき「Barossa」産の「Shiraz」ばかり飲んでいましたが,かれこれ数百の銘柄を飲み続けてきて辿りつきつつあるものは,やはり「上品さ」でしょうか(笑)。
ヴィクトリア州に位置するメルボルンは,ワインの大産地である南オーストラリア州に比べて雨も多く気候も相対的に冷涼です。ここでは,「濃縮感」「濃厚さ」「パワフル」「スパイシー」といった言葉で形容されるようなワインは似合いません。ここでは,赤ならPinot Noir,白ならPinot Grisがスバラシイ!!
今回,イチオシのワインはKARLEI Estate PINOT GRIS 2007 です。昨今は円安でちょっと割高感もありますが,なかなかどうして。30ドルを出す価値はありますよ,このワインなら。
えもいわれぬ濃厚なコクがあり,それでいてPINOT GRIS独特の香りと軽さがうまく調和しています。こんなワイン,日本で飲んだことない!
オーストラリアに,おいしいPINOT GRISを飲みに来るだけだって一考に値しますよ!

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2006年08月14日(月)

魅惑の白ワイン"Carlei Estate Tre Bianchi 2004" [ワイン・ビール・お酒]

画像(131x175)・拡大画像(300x400)

オーストラリアでは,30AZ$(約2500円)がワインの一つの基準とされています。もちろん,ピンからキリまであるので,それ以上も,それ以下もあります。値段の割に絶品の掘り出し物が多いのも,オーストラリアワインの魅力かな(笑)?
15AZ$ぐらいのワインでも驚くほど美味しいものがあり,そんなワインに出会った日はそれだけで1日がハッピーになります。また,オーストラリアワインで30AZ$を越える物は,まず例外なく絶品です。期待を裏切ることはまずありません!(好みに合わないのは別として,客観的にかなり優れた品質が保証される,という意味)
ところで,いまメルボルンにいます。で,見つけちゃいました。今回のイチオシはこのCarlei Estate Tre Bianchiの白ワインです。メルボルン近くのMornington半島産のワインです。この辺りは目の覚めるような傑出したワインをつくる,小粒ながらもピリっとしたワイナリーが点在するエリアです。白ワインはバロッサ産のフルーティなものを夏にキンキン冷やしてに飲むのも良いけれど,ちょっと待って。
冷涼な気候の中で育ったそれぞれのブドウの個性を最大限に引き出したブレンドの妙を,じっくり楽しむのもオツなもんです。このワインはちょうど30AZ$ぐらいで,Sauvignon Blanc(80%), Semillon(12%), Chardonnay(8%)のブレンドですが,すべてオーク樽熟成の複雑な味。第一印象はSauvignon Blanc独特のフレッシュさがありますが,舌の上で転がすと,えもいわれぬバランスのよさ。こんな白ワインがこの値段で楽しめるなんて・・・。オーストラリアワインは奥が深い!

Posted by Jun   コメント ( 1 )

2006年08月01日(火)

絶品のピノ・ノワール [ワイン・ビール・お酒]

画像(131x175)・拡大画像(300x400)

美味・・・。

1994年に初めてオーストラリアに行って以来,かれこれ何度もオーストラリアに行きました。とくに,2002年夏(現地は初秋〜冬)に渡豪した際には魅惑のオーストラリアワインにすっかりハマりました。それ以来,酒といえばオーストラリアワインばかり飲み続け,銘柄数は優に300は越えたでしょうか。いや,もっとかも・・・。
最近のイチオシは,コレです。Adelaide Hillsのd'Arenbergワイナリーのピノ・ノワールです。絶妙な酸味と渋み。シラーズほど重くなく,かといって軽すぎない。今まで飲んだピノ・ノワールの中では格段に美味しかったです。ちなみに,日本で買うと1本2667円也。この味でこの値段は絶対にお得です!

Posted by Jun   コメント ( 0 )

2006年07月13日(木)

機内食のワイン [ワイン・ビール・お酒]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

機内食のワイン

オーストラリアに行くには,やっぱりQantas航空でしょう(Code Shareを除く)。正規割引のエコノミー(スーパーカンガルー運賃)だと結構安いですよ。
そして,Qantas航空に乗ると,ワインが美味しい!!お試しあれ。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。