1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009年07月27日(月)

イタリアンを楽しもう! Part2 手軽に作れるカネロニ [食のあれこれ]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

大きなコロン?

このブログでもいろいろ紹介してきている通り,メルボルン大都市圏ではイタリア系住民のプレゼンスは相当なものです。このおかげと言うのでしょうね。イタリア系食材の調達は簡単です。中でも,トマトソースとチーズがたっぷり入ったラザニアは,オーストラリアワインと相性はバッチリです。とくに,濃縮感があってスパイシーなオーストラリアワイン(South AustraliaのBarossaやMcLaren Vale,Adeleide Hills,Clare Valleyあたりの20豪ドル前後のシラーズ)を選べば間違いありません。
ところで,ラザニアを自分で作るのは,ちょっと面倒くさいし・・・。まぁ,オーブンでチンするだけのセットを買ってくれば簡単だけど・・・。
まぁ,おいしくて,自分が食べたいものだけ作る「週末のにわかシェフ」ですから,手軽に作れるかどうかということも重要です。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

ミートソースを詰めます

この筒状のパスタがカネロニ(Cannelloni)です。スーパーで1箱2.5豪ドルぐらいで買えます。挽肉を多目に調達し,みじん切りしたニンニクと炒めてミートソースを作ります。市販のソースを使っても,挽肉を足せばかなりボリュームが出ます。これを,カネロニ1本1本に詰めてオーブン皿に並べます。事前に茹でる必要はありません。固いカネロニに,そのまま具を詰めます。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

ビッシリ敷き詰めて・・・

オーブン皿に端から敷き詰めます。1箱分がちょうど4人前サイズぐらいで,25本程度入っています。並べたカネロニの上に,ラザニアならホワイトソースとトマトソースを層状に重ねますが,ここは手軽に,ポテトととろけるチーズだけを敷き詰めます。今回はミートソースを挽肉たっぷりでかなり濃厚に作ったので,これでも十分ボリュームがあります。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

かなり,イケますよ!

これは本場のイタリア人が見たらラザニアでもカネロニでもないのでしょうが,まぁ,手軽に作れておいしければいいですよネ?(笑)。ミートソースやホワイトソースを一から作り始めたら,僕の手際じゃ3時間ぐらいかかっちゃうかもしれないので,手が抜けるところは積極的にラクしましょう(笑)。
全部の材料費は10豪ドルちょっと。今回は市販のミートソースを使ったので,挽肉を炒めてカネロニに詰めるのにざっと30分。オーブンに入れた後は,漂うチーズの香りを楽しみながら,ガーリックトーストをつまみにワインとおしゃべりで待ちましょう。待つこと約1時間。オーブンから焼き上がったら,本格的に乾杯です! 

(以前紹介のお手軽イタリアン・トマトスープは,こちら。)

Posted by Jun

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。