1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009年06月22日(月)

オーストラリアの松茸!? [食のあれこれ]

画像(145x175)・拡大画像(333x400)

松茸って,こんな形だったっけ・・・??

6月21日にメルボルンでは「冬至」を迎えました。ただ,冬といっても,晴れている日は日中の気温は15度以上になる日が多く,僕の感覚では「冬」ではなく「晩秋」ぐらいの感覚ですネ。
ところで,秋の代表的な味覚の一つといえば松茸です。高級品なので,日本でもめったに口にする機会はないですが,先日こちらで現地の方とドライブ中に,「マツタケがあるから,そこで拾っていこう」と誘われました。Pine Mushroom? マ・ツ・タ・ケ? 確かに,辺り一面は,珍しく松林が道路沿いに続いていますが・・・。
おそるおそる草むらをかきわけながら歩いていると,笠の直径が10cmはあるかと思われる,オレンジ色をしたカラフルなキノコがあちこちに生えていました。そこらじゅうに生えていたので,小さめのスーパーの袋に入るだけ詰めて帰ることにしました。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

バター炒めにしてみました。

このキノコ。こちらでは Red Pine Mushroom と呼ばれるもので,かなりの高級食材だそうです。我が家がいつも買い物しているClayton辺りでは,まず手に入らず,Prahran Marketのキノコ専門店なんかでようやくあるか,ないかという感じだそうです。お値段の方も高級で,ざっと45豪ドル/kg程するとか。他の食材の値段に比べ,確かに飛び抜けて「高級」ですネ。しかし,このキノコ・・・日本の松茸のような香りはなく,外見からはどう見ても,繊細な味がしそうな予感がありません(苦笑)。
とはいえ,教えられたままに家でこのキノコを刻んでバター炒めにしてみました。お味の方はといえば,見た目を裏切らない,「大味」というか,なんというか・・・。キノコ自体には殆ど味がないので,バターと塩コショウなんかの調味料の味が前面に出てきて自己主張しています。肉厚な感じが特徴といえば特徴ですが,それだけで「高級」になりえますかねぇ・・・? 正直,キノコの味自体には,「高級」への「疑念」(?)が拭えません(苦笑)。
こちらのインターネットのサイトで,Pine Mushroomで検索してみると,確かにいくつかサイトがヒットします。ウワサ通り,「高級」「珍しい」「変わったもの」という感じで紹介されています。袋一杯に詰めてきたので,まだいくつか「在庫」があります。誰かおいしい食べ方を知っている方がいれば,コメント下さい!

Posted by Jun

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。