1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009年06月02日(火)

ヤラ川と野生のコアラ [その他]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

おだやかな流れです。

メルボルン大都市圏は400万人近くの人口を抱え,立派な大都市圏なのですが,車で45分ぐらい郊外に向かえば,あっと言う間に自然豊かな景観に早変わりします。
今日は,都心から東北東にざっと30kmぐらいの所にあるPound Bend Reserveの辺りにやってきました。Ringwoodの北10km,Warrandyteの街の近くです。
ヤラ川もここまで遡ると,都心で見るような雄大さはなく,川幅も狭くてちょろちょろと流れる普通の川になります。ここは「上流部」じゃないかと言う人もいますが,僕の専門の地理学的に見れば,河川の蛇行はまぎれもなく「下流部」(河口近く)の特徴です。このぐらいの(狭い)川幅で,ゆっくり蛇行する河川は,日本には(僕の知る限り)ないですネ。

画像(129x175)・拡大画像(296x400)

コアラに会いました。

ここPound Bend Reserveには,車は入口近くの駐車場に置き,そこからサイクリングやウォーキングで森を楽しむ人たちが集まります。ユーカリの森を15分も分け入れば,もう車の音も人の声も聞こえず,鳥のさえずりだけが心地よく聞こえます。色鮮やかなオウムやインコ,時々攻撃的に向かってくる(苦笑)黒と白のツートンカラーのマグパイなんかがくつろいでいます。森のおいしい空気を吸うと心が洗われるなぁ!
30分ほど歩いた時でしょうか。ユーカリの上の方で,丸まっていたコアラに会いました。たぶん,この場所に来るまでにすでに何匹かのコアラは樹上にいたのでしょうが,普通コアラは下からは見にくい所(木の枝別れの部分)にいることが多いので,この写真みたいにバッチリ下から丸見えのことは珍しい(笑)。動物園では見慣れたコアラですが,野生の状態で会えると,なんとなくHappyな気分になりますね。
あ,そうそう。森歩きにはあまり良い服装をしていかない方がよいですよ。そこかしこに鳥やウォンバット,カンガルーの「御印」が落ちていたり,落ちてきたりして,洗濯必至なので(笑)。

Posted by Jun

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。