1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008年07月01日(火)

旧き良きオーストラリア:Camberwellの商店街 [その他のお店]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

昔ながらのStreet Shop

メルボルンには旧さと新しさが同居しています。都心のインテリジェントな高層ビルとお洒落なカフェも大好きですが,ちょっと郊外に出ると,そこには旧き良きオーストラリアが残っています。
メルボルンの都心から東に10km弱の郊外に,Camberwellというマチがあります。すぐ北にはお洒落なKewもありますが,僕はこのCamberwellが気に入っています。郊外の大規模ショッピングセンターが隆盛なのは世界の至る所で大差ないかもしれませんが,都心の中心性,郊外の生活商店街,そして大規模ショッピングセンターが見事に共存しているのは,世界広しと言えども,メルボルンぐらいかもしれませんね。
他のマチと比較してメルボルン都市圏で特筆すべきことは,車と公共交通の共存です(ヨーロッパの街よりも,もっと合理的に進んでいると思います)。ここCamberwellでも,来街者の大半は自家用車でやってきます。そして,それに加えて,都心から伸びるトラムでも,郊外鉄道でも,バスでも来ることができます。ここはメルボルン都市圏のZone1の範囲内なので,交通料金もあまり気になりません。
通りのカフェでは,穏やかなご老人たちがゆったりアフタヌーンティを楽しんでいます。その横には本屋があり,パン屋があり,そして雑貨屋さんやタペストリー屋さんがあります。ゆっくりとした時の流れの中で,旧き良き時代のオーストラリア(1960年代頃までのオーストラリアって,こうだったんじゃないかな・・・,と思います)の光景が見られます。その頃は,南欧・東欧系などのイギリス・アイルランド系以外の白人移民やアジア系移民には辛い時代だったのでしょうが,決して贅沢とは違う,日常の生活がそこにある気がします。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

ちょっと一休み

都心からは,Flinders Street駅前から東行きの70番か75番のトラムに乗り,Riversdale Roadを進みます。しばらく行ってBurke Roadと交差するところで降りればそこがCamberwellです。Swanston Streetを南に向かう72番のトラムでも行けますが,かなり遠回りです。郊外鉄道の場合はAlamein LineかLilydale Lineに乗り,Camberwell駅で降りて南に少し歩けば着きます。
アジア系の移民が増えたメルボルンの都心に飽きてきたら,Camberwellを尋ねてみるのをオススメします。決して目新しさはありませんし,若さもありません。でも,旧き良きオーストラリアの風景にタイムスリップできますよ。

Posted by Jun

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。