1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010年08月21日(土)

メルボルンのレンタカーとCityLink(有料道路) [観光・旅のTips]

画像(175x116)・拡大画像(400x267)

ETCみたいなもんです。

前回がレンタカーの話だったので,関連する話題として,CityLinkEastLinkの話を取り上げておきましょう。メルボルン空港でレンタカーを借りる場合,ほぼ間違いなく通る道になるので,観光客にとっては必須の情報でしょう。
(メルボルンに長期滞在して,車も所有している人にはおなじみの道路です。でも,こちらの滞在者なら,かえって,あまり使う機会はないかもしれません。地元の人は,日本のETC車載器に相当するeTag(クレジットカードは挿入不要)という装置を付けている人が殆どなので,その場合はこの記事の内容は該当しません。)この道は空港や都心,それから人口密度の高い南東郊外を結んでいて,一部の区間のみ有料になっているのは建設費償還の問題もありますが,加えて渋滞対策としてのRoad Pricingの意味合いがあるからですね。
それはさておき,メルボルンでレンタカーを借りるときには,車種や期間,返却場所などとともに必ず「Do you know the toll road system in Melbourne?」と聞かれます。たいてい,店員さんが早口のことが多いので(笑),ただYesとだけ答えておくと,問題なく有料道路の1日乗り放題料金込みの手続きをしてくれますが,これがまたオージーのおおざっぱな所とでも言うのでしょうか(笑)。「1日だけ」みたいな便利な会計処理はしてくれません。仮に3日間車を借りたら,3日分払うような料金体系です。

画像(116x175)・拡大画像(427x640)

走行後に,ネットから支払えます。

1日乗り放題で12.85豪ドルですから,日本円では1000円程度。1日や2日分多めに取られてしまってもそんなに大きな額ではありませんが,まぁ,システムを知っておくにこしたことはないでしょう。
ネットで支払うには,車種とナンバー,登録州の情報が必要です。したがって,レンタカーの場合は事前支払いは難しいのが現状です。借りる手続きしてをして初めて,借りる車が決まるワケなので。
オススメなのは,街のあちこちで見かける郵便局「Australia Post」で支払うことです。上記の必要な情報と,いつ使う(使った)のかを伝え,1日分なら12.85豪ドルを支払えばよいワケです。1日パスは24時間ベースなので,最初に料金収集チェックの所を通ったときから24時間後まで有効ということになります。どこかで1泊して2日間にまたがっても,有料区間を走る時間が24時間以内であれば1日分の料金でOKです。また,Weekend Passは,金曜日の昼間12時〜日曜の深夜24時までまるまる2日半乗り放題になって,1日分の料金なので,コレもおトクな方法です。

In addition to men and women are more and more rich, donning designer watches become a tag of rich and style. Could be getting replica gucci watches is a good option for many people, ahead of moving on choosing a buy replica watches , question several inquiries to your own self. You can buy replica burberry handbags at websites and shops. The online market place is the place to check on when you are interested in a quality replica tudor watches because you can look for a wide selection of hand bags. The next you have to be made aware of is usually a great simulator in the photograph. Normal on this class of replica cartier watches is the producing of these surface and shell.


画像(175x158)・拡大画像(640x580)

ここは別料金です。

詳しくは,このCityLink発行の地図を見て下さい。画面左上Tullamarineというのが空港方面です。都心へ向かえば必ず,このCity Linkを通ることになります。都心へ向かうなら,「Docklands」と表示される7番(Dynon Road)か8番の(Footscray Road)で降りなければいけません。
さらに,どこへ行くにも郊外ならばそのまま「M1」(Southeast suburbs)方面に入るなら,「West Gate Bridge」(直進に近い)ではない方,つまり左にそれて「M1」に確実に入る必要があります。高速で走りながら,英語の看板を見て,瞬時に判断して左にそれる。運転と英語に少しでも不安があるなら,正直,ここの通過はオススメできないですね。本当に「難所」だと思います。
それから,この地図で示している「EastLink」はまた別料金です。CityLinkと同様にネット支払いや郵便局支払いができるので同じですが,「別だ」ということをお忘れなく!
EastLinkは,空港のある北西方面から,北東の郊外を通って,景色の素晴らしい南東の(かなり)郊外を直結する道路です。殆どの観光客は使わないルートですね。いや,空港から自力で直接Phillip Islandのペンギンを見に行くなら,この道を使いますかね・・・。

Posted by Jun   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。